淀川区東三国の歯科医院なら東三国駅1番出口より徒歩3分「新大阪デンタルクリニック」へ。保険診療はもちろん小児歯科、むし歯予防・歯周病予防、セラミック治療、入れ歯など様々な治療に対応しており、通院が難しい方はご自宅で歯科診療を受けることが出来ます。ぜひ一度、ご相談下さい。

妊産婦・授乳婦の歯科治療

妊産婦・授乳婦の歯科治療について

妊産婦検診
妊娠中や授乳中は心と身体がとても大きく変化致します。お口の中も例外ではありません。ホルモンバランスが変化するためにだ液の量が減り、むし歯や歯周病になるリスクが高くなります。症状が出る前に歯科検診に行って予防をしたり、治療について相談をするなどの対策をとると安心です。

妊産婦歯科健診、ご存知ですか?

母子手帳国民健康保険の被保険者には、乳幼児、妊産婦、成人を対象とした歯科検診を受けられるシステムがあります。
母子健康手帳が交付されたら、すぐに歯の検診を受けましょう。
また、むし歯や歯周病の経験がある方は、定期的に歯科検診を受けることを特におすすめします。自覚症状がなく、知らないうちに進行している病気を見つけて対処することで、回数のかかる治療を未然に防ぎます。

妊娠中に口腔環境が悪くなる原因

妊娠初期のつわりの時期は口腔環境が悪くなりやすい時期。

歯みがき自体が吐き気を催すもとになるため、十分にプラーク(歯垢)を除去することなく歯みがきを終えてしまいます。
また、吐くとお口の中が酸性に傾いてしまうのもむし歯をつくる原因です。
さらに、歯周病菌の中には女性ホルモンを好む菌が生息しているため、妊娠中に女性ホルモンの働きが活発になることで歯周病やむし歯になる可能性が高くなります。

むし歯

だ液の分泌量や性質が変わり歯の再石灰化が行われにくい状態になるうえに、つわりなどの体調の変化で丁寧な歯みがきが難しくなります。むし歯リスクを減らすためには、無理のない範囲でのホームケアが大切です。

歯肉炎「妊娠性歯肉炎」

女性ホルモンの増加で、プレボテラ・インテルメディア(PI菌)などの特定の歯周病菌が増え活性化致します。妊娠中に歯ぐきの腫れや出血といった症状が現れるのはそのためです。このような症状は「妊娠性歯肉炎」と呼ばれ、妊娠初期から始まり妊娠中期にピークを迎えます。増加した歯周病菌が原因で悪化のスピードも早くなるため、体調の良いときに丁寧なブラッシングでケア致します。

歯周病

産後、ホルモンバランスが整うと、歯肉炎の症状も自然に改善しますが、歯ぐきからの出血などを気にしてブラッシング出来ないでいると、歯周病へと進行してしまうことがあります。重度の歯周病を患っていると、早産や低体重児を産むリスクが高くなるといわれております。

口臭

妊娠中はだ液の量が減少し、ドライマウス気味になり口臭が発生しやすくなります。こまめなうがいや水分補給をしましょう。

妊娠中の歯科治療について

基本的に歯科治療が全く出来ない時期というのはありません。妊婦さんの全身の状態、赤ちゃんの状態を併せて、それぞれの時期(前期・中期・後期)で歯科治療の留意点を説明させていただきます。

妊娠前期の歯科治療(妊娠1ヶ月から4ヶ月)

妊娠の初期は胎児の各器官の形成期であり母体にとっても胎盤の成熟期です。従って妊娠中で一番不安定な時期といえます。
この時期の歯科治療としては、除痛を目的とした対症療法に留めた方が良いでしょう。妊娠の可能性のあるときは歯科医師に前もってお話し下さい。

妊娠中期の歯科治療(妊娠5ヶ月から7ヶ月)

中期は胎児、母体とも一番安定している時期といえます。この時期に必要であれば出来るだけの処置をするとよいでしょう。抜歯等の治療もほとんど問題はありませんが、特に不安を抱かれる方は可能なら出産後に処置しましょう。
ただ、お薬の服用には注意点もありますので、歯科医・産婦人科医の先生ともよく相談しましょう。

妊娠後期の歯科治療(妊娠8ヶ月から10ヶ月)

妊娠後期になると子宮底がみぞおちのあたりまで上がり、心臓や肺も圧迫されるため、動悸や息切れが頻繁になります。
この時期もあまり問題なく歯科処置が可能ですが、同じ姿勢を長く続けると腹部を圧迫し苦しくなることもありますので、治療時間などについては歯科医師に相談しましょう。

妊娠中・授乳中のレントゲン撮影について

日常生活の中でも、私たちは、太陽や宇宙空間から降り注ぐ微量な放射線にさらさられており、これを自然被爆と呼びます。
歯科でのレントゲン撮影に際しての被爆は一日の自然被爆の約3分の1以下で、被爆としてはごく微量です。したがって、過度に心配される必要はありません。
また、当院では診断および治療に不可欠と判断したときのみ、最低限の撮影を行うようにしております。

妊娠中・授乳中の飲み薬

妊娠中

妊娠中の抗生物質や鎮痛剤などの「飲み薬」が胎児に影響を及ぼすのは妊娠4~10周といわれております。歯科医師と相談のうえ処方された飲み薬は安全性の高い薬です。処方を守って服用すれば問題ありません。

授乳中

赤ちゃんは生後3ヶ月を過ぎると代謝機能もしっかりしてくるので、歯科で使用する薬については母乳からの影響が少ないと考えられております。また、生後3ヶ月未満でも服用後5時間以上過ぎれば母乳への影響がないといわれております。歯科医師と相談のうえ処方された飲み薬は母乳に影響の少ないものですが、それでも不安を感じる場合は粉ミルクの代用、冷凍母乳を用意しておくなどの対策をとりましょう。

妊娠中・授乳中の麻酔

妊娠中の歯科治療で最適な時期は妊娠5~7ヶ月の間です。歯科治療で使用される麻酔は局所麻酔で全身に広がることがなく、むし歯治療に使用する量は少量のため、作用時間も短いことから胎児や母乳に影響はないといわれております。

新大阪デンタルクリニックからお母様へ

妊娠中・授乳中の歯科治療についての不安や疑問はお気軽にご相談下さい。
歯科治療についてはお母様が痛みをがまんすることの影響も考え、歯科医師とじっくり相談しながら考えていきましょう。

東三国駅徒歩3分|土曜も夜7時まで診療 TEL 06-6395-9295 診療時間 10:00 - 19:00 [ 日・祝日 休診 ]

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 新大阪デンタルクリニック All Rights Reserved.